Molokai

下に
スクロール

モロカイ島へようこそ

手つかずの自然が生きている。

はるか昔から変わらない、手つかずの自然と美しいビーチが広がるモロカイ島には、今も昔も変わらないゆったりとした時間が流れています。
ハワイで5番目の大きさのこの島は、全長61km、幅は広い所でもわずか16km。北東の海岸には高さ1,100~1,200mもの世界最大の岸壁があり、南部の沖合にはハワイ最長のサンゴ礁が約45kmに渡って広がります。カラウパパ国立歴史公園を目指し崖に沿ってハイキングしたり、ハワイ最大の砂浜パポハク・ビーチでのんびりしたり。また、サイクリングや4WDでのドライブなど、アウトドア・アドベンチャーを楽しめる島です。
モロカイ島はハワイ先住民の地をひく人々が多く住む島。大地への愛情「アロハ・アイナ」を持って古来からの生活を守り、ハワイの伝統文化が今でも息づいています。このアロハ・アイナは小さなカウナカカイの町から神聖なハラヴァ渓谷まで、島中で感じることができるでしょう。

 

モロカイ島のエリア

イースト・モロカイ

美しい自然を満喫できるスポットがたくさんあるモロカイ島東部。ハラヴァ渓谷ではガイドと共に自然を学び、ハワイ最長のサンゴ礁や動植物の固有種が生息する自然保護区を散策できるなど、貴重な体験が待っています。

More

ウエスト・モロカイ

カイヴィ海峡に面する乾燥したモロカイ島西部は、ハワイ最大級のパポハクビーチが広がるリゾート地。コンドミニアムやコテージを借りて、美しい夕日と共にのんびり過ごすには最高のエリアです。美しい野生のシカも見られます。

More

セントラル

最もハワイらしさを残すモロカイ島、その中心部は地元の生活の中心地となっています。世界最大の生産量を誇るマカダミアナッツやコーヒーの農園、断崖絶壁に囲まれた陸の孤島カラウパパなど、驚きと感動のある場所です。

More