天気・気候と服装

下に
スクロール

ハワイの天気・気候と服装

ハワイは常に雨が少なく気温は24~30℃で安定しており、1年中ベストシーズンといえます。常に東から西へ貿易風(偏東風)が吹いているため、気温が上がりすぎず快適です。以下の図のように、日本と比べると寒暖差が少なく穏やかな気候であることがわかります。
 

ハワイの夏(乾季)と冬(雨季)

夏/乾季 5月~10月 最低気温23℃ 最高気温31℃

乾季は気温が高く天候が安定しているので、ビーチで過ごすには最も適しています。暑いといっても最高気温は30℃を超える程度。湿度が低く、風もあり、爽やかな過ごしやすい気候です。日本のような猛暑とは違い、汗だくになるようなことはありません。

冬/雨季 11月~4月 最低気温20℃ 最高気温27℃

雨季は一日中降ることはあまりなく、「シャワー」といって朝夕などに「にわか雨」が降る程度で、日中はビーチで泳ぐことも可能です。平均気温は25℃程度、雨上がりには虹が見られることもしばしばあります。

ハワイは「夏」と「冬」の2つの季節があり、雨の少ない乾季(5月~10月)が夏にあたり、比較的雨が多い雨季(11月~4月)が冬にあたります。雨が多いといっても日本の降水量と比べれば格段に少なく、雨季である事を気にするほどではありません。

そのため、ハワイでは、年間を通して暖かいので、季節を問わず、年間を通じてお楽しみいただけます。
以下の気温はハワイ州の平均的な数字です。実際には地域によって差があります。
 

ハワイの海水温度は平均23.3℃

ハワイの海水温度は、年間を通して変化が少なく、快適です。冬は、日差しがない曇った天気や、風のあるときに寒く感じることもありますが、ハワイ沿岸の海水温度は平均23.3℃、夏は高い時で26.7℃のため、1年中海で遊泳可能です。
 

ハワイの波

夏はどのビーチでも海が穏やかですが、冬は強い潮の流れによって、どのビーチでも危険になる恐れがあります。遊泳禁止のサインに注意をし、ライフガードの指示に従ってください。

特にオアフ島の北部、サーフィンのメッカである「ノースショア」には、太平洋の嵐によって島に向かう「うねり」が高くなり、冬には有名なビッグ・ウェイブが押し寄せます。

特に11月から12月にかけて行われる「トリプル・クラウン・オブ・サーフィン」では、世界中から多くのトップサーファーがノースショアを訪れます。
 

1年中ベストシーズンのハワイ

1年の間には季節の行事、イベント、セールなどがあるので、時期ごとに違ったハワイの魅力を体験できます。

1月~3月

初詣、初日の出
オアフ島にはハワイ出雲大社、ハワイ金刀比羅神社、ハワイ太宰府天満宮などがあり、初詣ができるほか、ハワイらしいデザインのお守りもあります。ダイヤモンドヘッド山頂・マカプウ岬などで、初日の出を見るツアーも人気です。

ホエール・ウォッチング
クジラを間近に見ることができるのは、冬のシーズンです。マウイ島はホエールウォッチングのメッカで、沿岸からクジラを見ることもできます。オアフ島でも、タートルベイやマカプウ岬などにビューポイントがありますが、間近で見るためのホエールウォッチングクルーズも多数出ています。

バーゲンセール
各店舗ではクリスマスのあとから「アフター・クリスマス・セール」が始まります。正月には「福袋」も売り出されます。

4月~6月


オアフ観光局は4月~6月を花のシーズンと称しています。この時期には「ハイビスカス」「シャワーツリー」「プルメリア」「ブーゲンビリア」「イリマ」など、様々な花が一斉に咲き、あたりに甘い花の香りが漂います。もちろん、オアフ島以外の島々にも多種多様な美しい花が咲きます。

行事、祭
この時期には、ハワイの伝統行事や祭りが開催されます。フラの祭典「メリー・モナーク・フェスティバル」(4月、ハワイ島)、「50th ステート・フェア(ハワイが50番目の州になったことを祝う祭、5~6月、オアフ島)」、「キング・カメハメハ・デー(6月11日、ハワイ各島」を初め、大小さまざまなイベント・催しがあります。

7月~9月

穏やかな海
1年中で最も暑く、晴天が続くこの時期、海は穏やかでビーチアクティビティを満喫できます。日照時間も長いため、ワイキキ以外のビーチもおすすめです。

夏のバーゲンセール
7~8月はショッピングセンターなどがバーゲンセールを開催します。ブランドショップなどは、お店ごとにセールの開催時期が違うためご注意ください。

10月~12月

華やかなイベントのシーズン
10月のハロウィン、11月の感謝祭、12月のクリスマスと、ビッグイベントが続くため、街やお店は飾り付けやイルミネーションで彩られ、多くのセールやイベントも開催されます。また、11月から12月にかけては、高波が押し寄せる「ノースショア」も観光客で賑わいます。12月にはホノルルマラソンも行われます。

このように、ハワイは1年中ベストシーズンでありながら、季節ごとに楽しみも多彩です。そのためか、多くの人が二度、三度とハワイを訪れます。

ハワイでの服装と必需品

1年を通し、日中はTシャツ、短パン、サンダル、という夏の軽装で過ごすことができます。しかし、服装や携行品の準備では「冷房対策」と「紫外線対策」が大切です。また、改まったレストランなどを利用する場合は、ハワイならではのドレスコードを知っておきましょう。
 

基本は夏の服装で、寒さ対策に長袖を準備

ハワイでは「冷房が効いた場所」のほか、「郊外エリアへの外出」「気温の低い朝夕、夜間」に備えて羽織るものを準備しておいたほうがいいでしょう。携帯しやすい薄手のパーカー、カーディガンが適しています。後述する「日差し対策」を兼ねたものが便利です。
 

長袖の羽織物が必要な場合

ショッピングセンター、スーパーマーケット、レストラン、ホテル送迎バス、路線バス、ツアーバス、サンセットクルーズ、小型船のセーリングツアー、ディナークルーズ、星空・夜景観賞など夜間のツアー
近郊の山・内陸エリアなどへ出かけるツアー(※)
一日の寒暖差が大きい冬(11月~4月)の朝夕・夜

※ハワイ島マウナ・ケアを初めとする1000メートル以上の火山や渓谷などへ行く場合、目的地に合わせた装備が必要となります。旅行会社やツアーデスクで確認してください。


強い日差しに備える日焼け止めやサングラス

ハワイでは、最も暑い時期でも湿度や、風の影響から、体感温度が低く快適に感じます。しかし、気づきにくいのが「日差しの強さ」です。特に、夏の5月以降は強くなります。ビーチで過ごすときはもちろん、屋外を出歩くときは日焼け止めが必需品です。ハワイでは各種の日焼け止めクリームが売られているため、現地でも購入できますが、肌の弱い方は自分に合うものを日本から持参しましょう。

日差し対策としては「帽子」「サングラス」も必要です。海やビーチで過ごすときは「パーカー」や「ラッシュガード」など、必要に応じて準備しましょう。
 

ハワイでは「アロハシャツ」も正装

ハワイのドレスコードは他と少し異なります。ハワイでは「アロハシャツ」が正装とされ、ビジネスマンも、結婚式のゲストも着用します。「アロハシャツ」に合わせる正装として女性は「ムームー」を着用します。最も格式が高いレストランのことを「ファインダイニング」といいますが、こうした店に入店する際もアロハシャツやムームーはOKです。ただし、アロハシャツでもきちんと見えるものを選び、合わせるボトムスや靴にも注意が必要です。