ハワイの空港

下に
スクロール

日本の空港からハワイへ

日本からハワイへ行くには、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)利用が一般的で、最も便数の多い成田国際空港からは毎日20便以上の直行便が運航しています。
また、2016年12月より、羽田とハワイ島・コナ国際空港を結ぶハワイアン航空の直行便がスタートし、ハワイへの旅がいっそう便利になりました。2017年6月28日には関西国際空港からエアアジアXも就航を開始しました。
日本からは、以下の6つの空港からハワイへの直行便が離発着しています。
他の空港からは国内乗継便を利用します。
(情報は2017年8月現在。直行便の有無や就航会社は変更されることがあります。詳しいスケジュールについては最新の情報をチェックしてください。)
 

ハワイへの直行便がある日本の空港


- 成田国際空港
- 羽田空港 (東京国際空港)
- 関西国際空港
- 中部国際空港
- 新千歳空港
- 福岡空港
 

ハワイへの直行便がある主な航空会社


- 全日空(ANA)
- 日本航空(JAL)
- 大韓航空
- チャイナエアライン
- デルタ航空
- ハワイアン航空
ユナイテッド航空
- エアアジアX
 

日本からハワイへのフライトスケジュールと所要時間


日本各地からハワイへのフライトは、夕方から深夜に出発して早朝から昼ごろまでに到着します。一方帰国便は、現地の朝から昼間に出発し、日付変更線を通過して一日後の日本の夕方から夜に到着することが多くなっています。このため、ハワイへのツアーは「4泊6日」の日程が一般的です。その際、帰国は機中1泊となります。フライトの所要時間は、気流の影響で行きと帰りとで差があります。

- 往路 6.5~7時間
- 復路 8.5~9時間
 

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)があるオアフ島から他の島々へ


ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)からカウアイ島、マウイ島、ハワイ島の主要空港へは定期便が1日約30便運航され、各島間も定期便が毎日頻繁に運航され、所要時間は30分~50分ほどなのでとても便利です。ハワイ島コナへは羽田空港から直行便が運航しています。その他、マウイ島ラハイナ港からは、ラナイ島マネレ港へフェリーが毎日運航しています。
 

ハワイ観光で利用することが多い7空港とホノルルからの所要時間


- カウアイ島リフエ空港(35分)
- マウイ島カフルイ空港(35分)
- カパルア空港(30分)
- モロカイ島モロカイ空港(25-35分)
- ラナイ島ラナイ空港(30-35分)
- ハワイ島ヒロ国際空港(50分)
- ハワイ島コナ国際空港(40分)

※ホノルル国際空港は2017年4月27日付で日系初の連邦上院議員でハワイ州出身の故ダニエル・イノウエ氏にちなみ「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に改名されました。