ハワイへの入国

下に
スクロール

ビザの免除とESTAについて

ビザの免除とESTAについて

米国ではビザ免除プログラム(VWP)のもと、日本国籍の方が米国へ渡航する場合は有効なパスポート、往復または次の目的地までの航空券・乗船券を所持し、渡米目的が短期の商用や観光であれば、ビザなしで米国に90日以下の滞在を許可しています。 

ESTAについて

ただし、ご旅行の前に米国政府の規定により、米国を訪問または通過する旅行者は、電子渡航認証システム(ESTA)を介して許可申請をする必要があります。申請が許可されていない旅行者は、米国に向かう乗り物に搭乗、または入国することができません。ESTAの申請は、ESTAウェブサイトで行うことができます。申請料は$14です。

入国審査

入国審査に必要なもの

到着時には入国審査を受けます。ハワイへの入国時には以下を提出する必要があります。入国審査官が滞在やその目的について簡単に質問する場合もあります。

- パスポート
- 航空券またはeチケット
- 税関申告書    

ビザなしで米国へ入国する際は、以下の条件を満たしている必要があります。

米国大使館ウェブサイト

入国審査の流れ

動植物の持ち込み・持ち出しについて

- Eパスポート(IC旅券)を所持すること
- 電子渡航認証システム(ESTA)により渡航認証が承認されていること 
- その他のビザ免除プログラムの条件を満たすこと
- 有効なビザ免除プログラムパスポート条件に準じたパスポートを所持していること
- 目的が商用、観光または通過であること
- 米国での滞在が90日以下であること
- パスポートの残存有効期間が米国入国日から90日以上あること
- パスポートの残存期限が90日以下の場合は、パスポートの有効期限の日ま での滞在期間が認められることになるでしょう。
- 往復または次の目的地までの航空券・乗船券を所持していること
- 航空機がハワイに到着すると、航空会社のスタッフが入国審査までご案内します。順番が来るまで並んでお待ちください。審査時には、パスポートと税関申告書を審査官にお渡しください(必要な書類は機内で配られます)。入国審査官が米国での滞在目的や予定滞在期間について簡単に質問します。
- また、復路の航空券の提示を求める場合もあります。
- 他の生態系から隔離された地形からハワイの自然の美しさが生まれました。外来の植物や農産物、動物の持ち込みは、害虫や外来種の繁殖によりハワイの環境に深刻な影響を及ぼす可能性があります。


米国農務省では検査を受けていない動植物の持ち込みおよび持ち出しに関して厳しい規制を課しています。ハワイ到着の際は必ず申告書を提出してください。帰国前には、荷物に未検査の果物や植物が含まれていないか搭乗検査を受ける必要があります。検査を受けた植物や果物の持ち出しは許可されています。空港で購入した商品や現地の店から郵送した商品は自動的に検査されます。